[ 定款 ] [ 細則 ] [ 授賞規定 ] [ 学会賞等選考基準 ]  [ 日本食品衛生学会論文賞選考基準 ]
第1章 総 則
第2章 目的及び事業
第3章 会 員
第4章 社員総会
第5章 役員
(役員の設置)
第22条 この法人に次の役員をおく。
  1. (1) 理事 15名以上25名以内
  2. (2) 監事 3名以内
  1. 理事のうち1名を会長とする。
  2. 会長以外の理事のうち2名以内を副会長とする。
  3. 会長及び副会長以外の理事のうち9名以内を常任理事とする。
  4. 第2項の会長をもって一般社団法人及び一般財団法人に関する法律上の代表理事とし、第3項及び第4項の副会長及び常任理事をもって同法91条第1項第2号の業務執行理事とする。
(役員の選任等)
第23条 理事及び監事は、社員総会の決議によって正会員の中から選任する。ただし、監事は正会員以外から選任も可能とする。
  1. 会長、副会長、及び常任理事は、理事会の決議により理事の中から選任する。
  2. この法人の理事のうちには、理事のいずれか1人及びその親族その他特殊の関係がある者の合計数が理事総数の3分の1を超えて含まれることになってはならない。
  3. この法人の監事には、この法人の理事及びこの法人の使用人が含まれてはならない。また各監事は、相互に親族その他特殊の関係があってはならない。
(理事の職務及び権限)
第24条 理事は、理事会を構成し、法令及びこの定款で定めるところにより、職務を執行する。
  1. 会長は、法令及びこの定款で定めるところにより、この法人を代表してその業務を執行し、副会長及び常任理事は、この法人の業務を分担執行する。
  2. 会長、副会長及び常任理事は毎事業年度に4ヶ月を超える間隔で2回以上、自己の職務の執行状況を理事会に報告しなければならない。
(監事の職務及び権限)
第25条 監事は、理事の職務の執行を監査し、法令で定めるところにより、監査報告を作成する。
  1. 監事は、いつでも、理事及び職員に対して事業の報告を求め、この法人の業務及び財産の状況の調査をすることができる。
(役員の任期)
第26条 この法人の役員の任期は、選任後2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時社員総会の終結の時までとする。ただし再任を妨げない。
  1. 補欠により選任された役員の任期は、前任者の任期満了の時までとする。
  2. 役員は、第22条に定める定数に足りなくなるときは、任期の満了又は辞任により退任した後も、新たに選任された者が就任するまで、なお役員としての権利義務を有する。
(役員の解任)
第27条 役員は、社員総会の決議によって解任することができる。
(報酬)
第28条 役員は無報酬とする。
第6章 理事会
第7章 資産及び会計
第8章 定款の変更、 及び解散
第9章 委員会及び事務局
第10章 補則
第11章 公告
附則