[ 定款 ] [ 細則 ] [ 授賞規定 ] [ 学会賞等選考基準 ]  [ 日本食品衛生学会論文賞選考基準 ]
第1章 総 則
第2章 目的及び事業
第3章 会 員
第4章 社員総会
(構成)
第13条 社員総会はすべての社員をもって構成する。
(権限)
第14条 社員総会は、次の事項について決議する。
  1. (1) 会員の除名
  2. (2) 理事及び監事の選任または解任
  3. (3) 貸借対照表及び正味財産増減計算書ならびにこれらの付属明細書の承認
  4. (4) 名誉会員の承認
  5. (5) 定款の変更
  6. (6) 解散及び残余財産の処分
  7. (7) その他社員総会で決議するものとして法令または定款で定められた事項
(開催)
第15条 社員総会は、定時社員総会として、 毎事業年度終了後3ヶ月以内に開催するほか必要がある場合に開催する。
(招集)
第16条 社員総会は、法令に別段の定めがある場合を除き、理事会の決議に基づき会長が招集する。
  1. 総社員の議決権の10分の1以上の議決権を有する社員は、会長に対し、社員総会の目的である事項及び招集の理由を示して、社員総会の招集を請求することができる。
  2. 会長が欠けたときまたは会長に事故等があるときは副会長が社員総会を招集する。
(議長)
第17条 社員総会の議長は、会長がこれにあたる。
  1. 会長が事故で欠席の場合は、副会長がこれにあたる。
(議決権)
第18条 社員総会による議決権は、社員1名につき1個とする。
(決議)
第19条 社員総会の決議は、総社員の過半数が出席し、出席した社員のうちの過半数をもって行う。
  1. 前項の規定にかかわらず、次の決議は、総社員の過半数が出席し、総社員の3分の2以上の多数をもって行う。
  1. (1) 会員の除名
  2. (2) 監事の解任
  3. (3) 定款の変更
  4. (4) 解散
  5. (5) その他法令で定められた事項
  1. 理事または監事を選任する議案を決議するに際しては、各候補者に第1項の決議を行わなければならない。理事または監事の候補者の合計数が第22条に定める定数を上回る場合には、過半数の賛成を得た候補者の中から得票数の多い順に定数の枠に達するまでの者を選任することとする。
(書面議決または委任)
第20条 社員総会に出席できない正会員は、あらかじめ通知された事項について、書面をもって議決し、または他の正会員を代理人として議決を委任することができる。この場合において、書面議決者または議決委任者は、社員総会に出席したものとみなす。
(議事録)
第21条 社員総会の議事については、法令で定めるところにより、議事録を作成する。
  1. 議長及び互選により選出された議事録署名人の合計3名が前項の議事録に記名押印する。
第5章 役員
第6章 理事会
第7章 資産及び会計
第8章 定款の変更、 及び解散
第9章 委員会及び事務局
第10章 補則
第11章 公告
附則