[ 定款 ] [ 細則 ] [ 授賞規定 ] [ 学会賞等選考基準 ]  [ 日本食品衛生学会論文賞選考基準 ]
第1章 総 則
第2章 目的及び事業
第3章 会 員
(法人の構成員)
第5条 この法人に次の会員をおく。
  1. (1) 正会員 食品衛生に関心を有する個人であって、この法人の目的に賛同し、別に定める会費を納める者 
  2. (2) 賛助会員 この法人の目的に賛同し、かつ、その事業を維持するため別に定める会費を一口以上納める法人、団体、または個人
  3. (3) 購読会員 この法人の目的に賛同し、別に定める会費を納める法人または団体
  4. (4) 名誉会員 この法人に対し特に功労のあった者のうちから理事会が推薦し、かつ総会の承認を経た者
  5. (5) 特別会員 この法人の事業の維持及び発展のため、特に貢献のあった個人、法人または団体であって理事会の議決を経た者
  6. (6) 学生会員 大学またはこれに準ずる学校に在籍している学生であって、この法人の目的に賛同し、別に定める会費を納める者
  1. 前項の会員のうち正会員をもって一般社団法人及び一般財団法人に関する法律上の社員とする。
(会員の資格の取得)
第6条 この法人の会員になろうとする者は、別に定める会費を添えて入会申込書を提出し、理事会の承認を受けなければならない。ただし、特別会員及び名誉会員については入会の手続きを要せず、本人の承諾をもって会員となり、かつ、会費を納めることを要としない。
(経費の負担)
第7条 この法人の事業活動に経常的に生じる費用に充てるため、会員になった時及び毎年、会員は、社員総会において別に定める額を支払う義務を負う。
(会員の権利)
第8条 会員は、この法人が刊行する会誌、図書及び雑誌等の優先的配布を受けることができる。
(退会)
第9条 会員は、理事会において別に定める退会届を提出する事により、任意にいつでも退会する ことができる。
(除名)
第10条 会員が次のいずれかに該当するに至ったときには、総社員の過半数が出席し、総社員の3分の2以上の決議によって当該会員を除名することができる。
  1. (1) この定款その他の規則に違反したとき
  2. (2) この法人の名誉を傷つけ、または目的に反する行為をしたとき
  3. (3) その他除名すべき正当な事由があるとき
(会員資格の喪失)
第11条 前2条の場合のほか、会員は、次のいずれかに該当するに至ったときは、その資格を喪失する。
  1. (1) 第7条の支払義務を2年以上履行せざるとき
  2. (2) 総社員が同意したとき
  3. (3) 当該会員が死亡し、又は解散したとき
(会費の取扱)
第12条 既納の会費は、いかなる理由があってもこれを返還しない。
第4章 社員総会
第5章 役員
第6章 理事会
第7章 資産及び会計
第8章 定款の変更、 及び解散
第9章 委員会及び事務局
第10章 補則
第11章 公告
附則