本プログラムは、食品衛生分野の主に公的試験研究機関の研究者を対象として、食品衛生領域での研究の重要性、研究者としての考え方・方法の基礎について学んでもらうことを主眼としています。
  当該の食品衛生分野の研究者は、自らの検査技術の向上に努めるだけでなく、未解決の問題に取り組むことが要求されます。そのためには研究遂行能力が重要で、どのように研究テーマを設定し、どのような方向性で研究を進めるか、研究の方法にはどのようなものがあるか等を把握する必要があります。更に関連領域の学術情報をどのように収集して理解するか、どのように研究結果をまとめ、他の研究者にそれを公表し納得してもらうか、などの考え方や方法が含まれます。これらの内容を体得していただくことが、研究者としての資質向上に重要であると本学会では考えております。自立した研究者として成長して戴くことは、我が国の食品の安全性確保が向上し、食品衛生研究分野の活性化につながると確信します。
  第1回は公的試験研究機関の研究者を対象者として行い、上述の研究に関しての考え方・方法を中心に、研究の目標設定、研究の進め方、研究のまとめ方、論文作成方法、学会発表等について開催しました。第2回は、企業研究者・大学研究者にも対象者を広げ、第1回と講師を一部変更しますが、同様の基礎セミナーを開催することを予定しております。

第2回食品衛生研究者育成基礎セミナー
開催場所
大阪薬業年金会館
開催日時
2014年11月13日(木)13時〜16時50分(延長の場合は18:00まで)
対象
地衛研・保健所の公務員、企業研究者、大学研究者
内容
1)「日常検査から生まれる研究を育てる」
大阪府立公衆衛生研究所 感染症部 細菌課長 久米田裕子
2)「地衛研の研究者のあり方」
元神戸市環境保健研究所長 田中敏嗣
3)「学術論文の読み方・書き方(主に英文)」
国立医薬品食品衛生研究所 食品添加物部長 穐山浩
4)「実験研究:プレゼンテーションへの挑戦」
京都大学大学院医学研究科特別研究員 松尾雄志
5)パネルディスカッション
参加費
地衛研・保健所等の公務員:(会員、非会員に限らず)1000円、民間・大学等研究者:5000円(正会員・賛助会員)、10000円(購読会員・会員外)(先着60名、定員になり次第締め切ります)
参加申込方法
別に添付の参加申込書にご記入いただき、FAXでお申込みください。参加受付の葉書をご返送いたします。参加費は当日お支払いください。当学会のホームページ http://www.shokuhineisei.jp をご覧の方は参加申込書をダウンロードして利用下さい。
参加申し込みが定員に達しましたので、受付を締め切りました。
主  催
公益社団法人 日本食品衛生学会
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-6-1 食品衛生センター内
TEL. 03-3470-2933 FAX. 03-3470-2975