このサイトでは、尿漏れを改善する方法についてまとめています。サプリをはじめ病院で処方される薬や手術、自宅でこっそり対策する方法など、尿漏れの改善方法を色々とご紹介します。

オムツを嫌がる家族に履いてもらう・交換してもらう方法

尿漏れって、本人は気が付かなくても、意外と周りに迷惑をかけているものです。
臭いもそうだし、下着を一緒に洗うのも嫌かもしれません。

だからこそ家族はオムツを履いてもらうことを勧めるのですが、本人は本当に尿漏れに気がついていなかったり、気が付いていても恥ずかしかったり、認めたくなかったりします。
その結果、オムツを履いてくれなかったり、オムツの交換を拒否したりするんですよね。

 

そこでこの記事では、実際にうまくいった「家族にオムツを履かせる方法」についてご紹介しますね。
本当に小さな心遣いだけで変わったりもするので、ぜひ参考にしてみてください。

紙おむつを拒否する家族に、オムツを履かせる4つのコツ

それではまず、4つのコツをご紹介しますね。
ただその前に繰り返しになりますが、「トイレは非常にデリケートな問題なので、失敗してしまった本人の精神的なショックはかなり大きい」と言うことを頭に入れておきましょう。

正直私たちからすると、「尿漏れなんて珍しいことじゃない」と思いませんか?
でも本人からすると、これまで何十年と当たり前にやってこられたことが、ある日突然できなくなるというのは、プライドはズタズタに傷ついてしまうんです。

 

特に大人用のオムツは「介護が必要な人向け」というイメージもあります。
なので、

  • 普段は普通に散歩もできるし、
  • 友達とも旅行に行けるし、
  • トイレも自分で出来る…

そういう状況だと「まだ私は元気だから、オムツなんて絶対に必要ない」と思ってしまうんです。

 

家族同士だと遠慮がない分、ついつい厳しい言い方になってしまい、本人のプライドを傷つけたり無理やりオムツを履かせようとされる方が多いです。
でも北風と太陽のように、無理やりでは相手も動きません。

相手を傷つけずに、メリットを伝えるのが、コツですよ。

①「おむつ」ではなく「パンツ」と言い換える

おむつは、自分で自分の世話をすることができない赤ちゃんや老人が身に着けるもの、というイメージがどうしてもついて回ります。
おむつという言葉自体に強い抵抗感を抱いている方が数多くいるので「使い捨てのパンツ」などと言い換えるだけで、イメージが多少改善される可能性があります

普段の会話の中でも「おむつ」という単語を使わないようにして、紙パンツは便利なものというイメージができれば、履いてくれるかもしれません。

②みんな履いている作戦&私も履いている作戦

オムツを履いてくれないのは、やっぱりイメージが悪いからなんですよ。
「ザ・お年寄りが履くもの」「かっこ悪いもの」というイメージがあって、そんな自分を認められないから、オムツを履けないんです。

でも身近にオムツを履いている方がいると、「そんなに、珍しいものじゃないのかも」と思いやすくなります。

 

「近所のあの人がオムツを履いている」「芸能人のあの人も、オムツを履いている…」
そんなうわさ話でも、オムツを履く勇気は湧いてくるものです。

「最近ちょっと尿漏れするから、オムツを買ってみたのよね~」と、あなた自身がつけてみるのも効果がある方法ですよ。
もしかすると「それなら私も…」と、思ってくれるかもしれません。

③間違って買っちゃった作戦&試供品をもらった作戦

「もったいないなぁ…それなら、どうせだし…」
年齢が上がれが上がるほど、そう考える方は増えるものです。

「間違って買っちゃったから、良かったら使ってみてよ。部屋においておいたから」
この一言だけで、(それなら使ってみようかなぁ…)と、思ってくれる方も多いですよ。

 

ちなみにこの時、あなた自身も「私も、どうせだし使っているんだけど」と話すのも、よりオムツを履いてくれるように促すコツです。
何も言わずに使ってくれるように頼むと「私には必要ない!」と思われることもありますが、私たちも履いていることを知ると、(オムツが必要ないけど、もったいないから履いている)と意識してくれますからね。

④オムツが必要な原因を、年齢以外を理由にする

 

尿漏れの原因は、確かに年齢は大きいです。
特に年をとればとるほど、尿漏れが起こりやすくなるのは事実です。

でも、実は他にも尿漏れの原因はあるんですよ。
「姿勢の悪さ」とか「筋肉が弱くなったから」とか、手術の影響がある場合もあります。

 

そういう事を、尿漏れの原因にしてあげるんです。
「(年齢はぜんぜん若いから関係ないんだけど)あなたは○○だから、尿漏れしちゃうんですよ」と。

例えば「猫背だから尿漏れしてるんじゃない?」「手術の影響でほとんどの人が尿漏れするらしいよ」などなど。
これなら”まだ若くてもオムツをすることはおかしくない”と思ってもらえますから、オムツを履いてくれることがありますよ。

おむつの交換を拒否する人に、交換してもらう方法はある?

それでは次に、オムツを交換してもらう方法です。
せっかくオムツを履いてくれたのに、何日も交換してくれなかったり、洗って干して再利用をされる方も多いですからね。

確かに見た目は、「まだまだ使える」かもしれません。
でもこれって、本当は危険なことばかりなんです。

 

雑菌がどんどん繁殖して、臭いも当然臭くなっていき、次第には陰部におしっこの臭いが移ってしまうこともあります。
それだけでなく、股がとっても痒くなって血が出るほどかいてしまったり、何かの病気になってしまうことも。

なので、まず初めに「汚いから交換して」という説明ではなくて、上のような具体的なことを教えてあげてください。
「それは知らなかった」と、変えてくれることもあります。

①あえて、吸水量の少ないオムツを買う

もしオムツを買っているのがあなたなら、あえて容量の少ないオムツに変えるのも手です。
誰が見ても、もう限界のオムツ…さすがにご本人も、交換してくれることも多いようです。

➁安いオムツを買う

オムツを洗って使おうとする方は、「もったいない」という意識が強いんですよね。
(まだまだ使えるのに…)(洗えば使えるかも…)と、思われているんです。

だからこそ、先ほどご紹介した吸水量の少ないオムツを買うのも、効果があります。
そして安いオムツを買うのも、(もったいない)という意識を少なくさせるためには、良いですよ。

 

安いオムツを買う、オムツの中に尿漏れパッドを敷いて全体的なコストを下げる…。
そうして値段を安くすることで、(これくらいの値段なら、オムツを使い捨てでもいいな)と思ってくれるかもしれません。

最近わかった、1か月で8割の人が改善した方法は試しましたか?

実は最近、タカラバイオと静岡県立大学大学院の共同研究で、ある尿漏れによい成分が見つかりました。
そして何とこの方法、実験では1カ月間で8割の方のトラブルが改善したそうなので、試してみてはいかがでしょう?

もし尿漏れが改善したら、今のように相手に気を使わなくてよくなりますよね。
匂いが気になるなら、もう近くにいても臭わないかもしれないし、部屋なども無臭になるかもしれません。

 

ちなみに関連商品にサプリメントはあるのですが、サプリメントなら高齢者の方も受け入れやすいです。
それにパッケージには尿漏れ用とわかるようにはなっていませんし、実際成分も健康ですから、健康維持のサプリメントと言って飲んでもらうこともできます。

もし興味がある場合は、以下の記事をお読みください。

1カ月で8割の人が改善した、尿漏れ対策方法を見にいく⇒

市販で尿漏れ対策をするならこれ↓

ナチュラエース

 特徴は?

 タカラバイオと静岡県立大学大学院の共同研究(詳しくはこちら)で、1カ月以内に8割の人が実感できた成分を配合

 咳や動いた時などお腹に力が入った時に…。トイレに行った後に…。感覚がないのに…。急に我慢できなくなって…ジワリ。そんな方に売れています。

 男性・女性ともに売れています。

 メーカーは、東証一部上場の超大手企業

 2日営業日以内発送、商品の中身がわからないように送ってくれる

 今月末まで、30%OFF&送料無料キャンペーン中!

↓公式サイトはこちら↓
ナチュラエース