第55巻 第3号 (平成26年6月) 目次
報文
(1) 分子系統樹解析とマルチプレックスPCRを用いたAspergillus flavus グループの識別
…千葉隆司・高橋由美・貞升健志・仲真晶子・甲斐明美
135
(2) Multiresidue Analysis of Pesticides in Vegetables and Fruits by Supercritical Fluid Extraction and Liquid Chromatography-Tandem Mass Spectrometry
…Shizuka Saito-Shida, Satoru Nemoto and Rieko Matsuda
142
(3) 腐肉食性小型巻貝2種に対するフグ毒給餌実験
…辰野竜平・反町太樹・谷山茂人・大城直雅・久保弘文・高谷智裕・荒川 修
152
調査・資料
(1) Examination of the Taxonomic Position of Penicillium Strains Used in Blue Cheese Production Based on the Partial Sequence of β-Tubulin
…Yoshio Ogawa, Dai Hirose, Ayano Akiyama and Masakatsu Ichinoe
157
(2) 超高速液体クロマトグラフ–タンデム型質量分析法によるキャッサバ製品および豆類中のリナマリン定量法
…加藤友香里・寺田久屋
162
情報ひろば
  • 入門講座
食品へのメタボローム解析の応用…及川 彰  J-77

• 最近の話題
蛍光指紋の食品への応用と生菌数の可視化…杉山純一  J-83
におい成分記憶フィルムの紹介…中田滝子  J-86

• シンポジウム
放射性セシウムの土壌等から農作物への移行…田上恵子  J-89
マリントキシンによる食中毒の最新傾向…安元 健  J-92

• セミナー参加報告
残留農薬分析Q&Aセミナー(第2回)に出席して…大久保祥嗣  J-96

• 新刊紹介…J-100, 109, 115

• 会  報…J-99

本誌掲載論文は,(独)科学技術振興機構が提供するJ-STAGEで論文全文を無料公開しています.
そのほかに,PubMed, JDreamII, STN, SciFinder, CA on CD, AGRIS, Current Contents-Agriculture, Biology & Environmental Sciences, Journal Citation Reports (Imact Factorの算出)などに採録されています.