第52巻 第3号 (平成23年6月) 目次
総   説
(1) アフラトキシン生合成機構について
・・・ 矢部希見子・中島廣光
135
報   文
(1) Determination of Carbendazim, Thiophanate, Thiophanate-methyl and Benomyl Residues in Agricultural Products by Liquid Chromatography-Tandem Mass Spectrometry
・・・ Munetomo NAKAMURA, Yasuko FURUMI, Fumiko WATANABE, Kazushi MIZUKOSHI, Makoto TANIGUCHI and Satoru NEMOTO
148
(2) LC/MSによる畜水産物中のクロフェンセットの分析法
・・・ 青柳光敏・新山和人・根本 了
156
(3) ニジマスの筋肉および肝臓中の6種のアフラトキシン類の高感度分析
・・・ 小木曾基樹・木村彩子・近宗雅人・齋藤真希・竹本雅美・渡井正俊
161
(4) Analysis of trans-Fat Levels in Total Diet and One-Serving Samples Using the Verified GC-Method and Estimation of the Intake in Japan
・・・ Takahiro WATANABE, Tamio MAITANI and Rieko MATSUDA
167
ノート
(1) LC-MS/MSによる畜産食品中のネクイネートおよびバクイノレートの分析
・・・ 中島崇行・林 洋・笹本剛生・神田真軌・草野友子・ 松島陽子・金井節子・竹葉和江・永山敏廣
178
(2) 微細藻類由来フコキサンチンオイルのラットを用いた単回投与毒性試験および13週間反復経口投与毒性試験
・・・ 飯尾久美子・岡田裕実春・石倉正治
183
(3) 微細藻類由来フコキサンチンオイルの復帰突然変異試験および小核試験
・・・ 飯尾久美子・岡田裕実春・石倉正治
190
(4) 遊離脂肪酸による下痢性貝毒マウス試験偽陽性の発生評価
・・・ 橋本 諭・西村一彦・高橋健一・板橋 豊
194
(5) タンデム固相抽出を用いた魚肉中ヒスタミン分析法の検討
・・・ 粟津 薫・野村千枝・山口瑞香・尾花裕孝
199
調査・資料
(1) DNAバーコードの魚種同定への適用性
・・・ 荒見真一郎・佐藤恵美・布藤 聡
205
情報ひろば
  • 講座
生元素の安定同位体比による起源推定の可能性 -食品・化成品の原料判別から毛髪の起源推定まで-…鈴木彌生子 J-235
分析値の信頼性の指標としての測定不確かさ
シリーズ企画「不確かさ-食品分析精度を維持,向上するために(1)-」…安井明美 J-241

• シンポジウム
腸内環境の変化と食物アレルギー…下条直樹 J-245

新刊紹介…J-253, 256
会報…J-249