このサイトでは、尿漏れを改善する方法についてまとめています。サプリをはじめ病院で処方される薬や手術、自宅でこっそり対策する方法など、尿漏れの改善方法を色々とご紹介します。

更年期障害が原因で尿漏れになる?⇒こんな症状なら…

更年期といえば、私たちの体に色々と変化が訪れますよね。
そしてあなたも今更年期で、もしかすると尿漏れに似た症状があらわれているのかもしれません。

はたしてそれは、更年期障害が原因なのでしょうか?
それとも何か他の病気が原因なのでしょうか?

 

最後には、対策方法もご紹介しますね!
ぜひ最後まで、お読みください。

更年期障害が原因で尿漏れが起こることはある?

更年期障害は、頭痛やイライラ、気分の落ち込みなどさまざまな症状がありますが、実は尿漏れも代表的な症状の一つです
更年期は、閉経前の5年と閉経後の5年、合計10年ほどのスパンで起こると言われていて、平均的な閉経の年齢が51歳なので、40代後半から50代前半に起こることになります。

40代後半というと、子育てや仕事、家事に追われて毎日忙しい日々を送っている方が多いですよね。
その頃、体の中では閉経に向かって準備を始め、卵巣の働きがだんだん低下していき、女性ホルモンの分泌量が減っていきます。

 

ただでさえ忙しい日々を送っているのに、さらに女性ホルモンの分泌量が減るため、自律神経のバランスも乱れてしまいます。
自律神経が乱れると脳が混乱しているため、「尿を出したい」という信号を送ってもうまく膀胱の筋肉に伝わらず、さまざまな排尿トラブルを引き起こすのです。

更年期の女性は、”こんなタイプ”の尿漏れが多い!

なかでも更年期の女性の多くが悩まされるのが、腹圧性尿失禁と過活動膀胱です。

腹圧性尿失禁は、

  • くしゃみをした時
  • 咳をしたとき
  • 大笑いした時
  • 椅子に座ったり、立ち上がろうとした時
  • 運動した時

など、お腹に力を入れた瞬間に尿が漏れてしまうタイプの尿漏れですね。

年齢とともに子宮や内臓を支える筋肉が緩んでしまい、膀胱を圧迫してしまうんです。
その結果、尿道口をキュッと締め付けられなくなって、尿漏れが起こってしまうんですね。

 

一方の過活動膀胱は

  • 突然、我慢できないほどの尿意に襲われる
  • そのまま、漏らしてしまう

といったタイプの尿漏れです。

このタイプは膀胱の周りの排尿筋が過剰に収縮してしまって、膀胱が小さくなって、尿をたくさん溜められなくなっているのが原因です。

 

その他にも、

  • 無意識のうちに、尿漏れをしている
  • トイレに行って尿を出し切ったのに、そのあと尿漏れする

というタイプの尿漏れも、起こることがあります。

更年期の尿漏れ対策をしたいなら…

更年期が原因で尿漏れになったとしても、尿漏れは尿漏れ。
ちゃんと改善方法があって、多くの方が尿漏れを気にしなくていい生活に戻られているので、安心してください。

むしろ何もしないと、尿漏れはどんどん酷くなります。
将来のオムツ生活を避けるには、今はじめる対策が全てですよ!

 

尿漏れを治す方法は、大きく分けて2つあります。
一つは病院で診てもらう方法と、もう一つは自宅でこっそり対策する方法です。

どちらの方法でもいいのですが、やっぱり多くの女性は恥ずかしいということで、自宅でコッソリ対策される方が多いですね。

 

それぞれの方法についての詳細は、以下の記事をお読みください。

⇒病院で尿漏れを見てもらう場合はこちら
⇒自宅でこっそり尿漏れ対策をする場合はこちら

市販で尿漏れ対策をするならこれ↓

ナチュラエース

 特徴は?

 タカラバイオと静岡県立大学大学院の共同研究(詳しくはこちら)で、1カ月以内に8割の人が実感できた成分を配合

 咳や動いた時などお腹に力が入った時に…。トイレに行った後に…。感覚がないのに…。急に我慢できなくなって…ジワリ。そんな方に売れています。

 男性・女性ともに売れています。

 メーカーは、東証一部上場の超大手企業

 2日営業日以内発送、商品の中身がわからないように送ってくれる

 今月末まで、30%OFF&送料無料キャンペーン中!

↓公式サイトはこちら↓
ナチュラエース